▼20卒が就活で本当に役立ったサービス・本を厳選してみた

【新卒向け】スカウト型逆求人就活サイトをおすすめする4つの理由







どうも、ばんいです!

大学3年になるとほとんどの人が就活の準備を始め、ほとんどの人がとりあえずマイナビやリクナビなどの大手就活サイトに登録する方がほとんどだと思いますが。。

とりあえず大手サイトに登録して一安心してませんか?

大学3年生になった時点で就活はもう始まっています。

大手の就活サイトしか知らないと、隠れたチャンスを逃しているかもしれません。

そんなチャンスを逃さないためにも、今回は就活を有利に進めるためのスカウト型就活サイトについて紹介していきます。

ちなみに、僕がオススメするスカウト型就活サイトは、Offer Box キミスカ です。詳しくは記事内で解説します!

 

追記:実際に就活を終えて、本当に役立った就活サービスや本を下記の記事にまとめたので、こちらもご覧ください。

関連記事:【経験談】20卒が就活で実際に役立ったおすすめサービス・本を紹介する

スカウト型逆求人就活サイトを勧める4つの理由

f:id:bobobonbonkura:20180821152909j:plain

企業側が採用に意欲的であり選考に進みやすい

企業から学生にスカウトを出すということは、企業側は少なからずその学生に興味を持っています。

企業側が初めから就活生を好意的な目でみているので面接等も比較的優位に進みやすいです。

場合によっては、就活解禁日までに内内定が貰えることもあるそうです。

社会人と話すスキルが身に付く

スカウト型就活サイトを使っていると企業から直接お声がかかるため、面接の回数や人事・社員の方と話す機会が通常よりも多いです。

そのため、3月の就活解禁日までに社会人と方と話し慣れ、面接慣れできます。

他の就活生よりも一足先に経験値が積めるので就活をかなり有利に進めることが出来ます。

新たな優良企業との出会いがある

f:id:bobobonbonkura:20180821153655j:plain

通常の就活サイトの場合は、自分が興味のある業界・企業の中から求人を探すので、どうしても目に触れる企業というのは限られてきます。

スカウト型の場合は、多種多様な企業からスカウトが届く可能性があり、これまで目にすることの無かった業界・企業からのアプローチを受ける場合があります。

今まで知らなかった隠れ優良企業との出会いもあるので、スカウト型就活サイトは登録しておかないと損です。

ES(エントリーシート)を書く練習になる

企業からスカウトを受けるためには、サイト内で自分のプロフィールを作成し企業に対し自己アピールをする必要があります。

つまり、通常の就活サイトよりもプロフィール作成や自己アピールには力を入れる必要があります。

プロフィールを作ってしまえばあとは待つだけです。プロフィールをコツコツ磨き上げてスカウトを待ちましょう。

スカウトが来たらESが上手く書けている証拠です。素直に喜びましょう!

「自分のESで企業の興味を引けた!」という事実を胸に、通常の就活サイトでも自信をもってES作成に挑めるようになります。

これで通常の就活サイトしか使わない他の就活生よりも確実にESを書く力がついています。

【新卒向け】おすすめスカウト型逆求人就活サイト3選

f:id:bobobonbonkura:20180821153343j:plain

「スカウト型の就活サイトがオススメ!」と言われても、「じゃあどのサイトを使えばいいの?」となりますよね。

なので今回は僕も登録している就活サイトを3つ紹介します!迷ったらこの3つを抑えておけばOKです!

Offer Box | あなたの経験や人となりに惚れた企業からオファーが届く

公式サイト:OfferBox(オファーボックス) | オファーが届く逆求人型就活サイト

オファーボックスは、登録企業数5,190社以、20卒の学生は121,000人以上が利用している最大手のスカウト型就活サービスです。

大手企業からベンチャーまで幅広い企業からスカウトを受けることができるのがオファーボックスの特徴です。

実際に僕も使っていましたが、思った以上に企業からオファーが届きます。

関連記事:OfferBox(オファーボックス)の評判・メリットは?20卒が使った感想をレビューする

 

文章だけでなく、動画や研究スライドをプロフィールに載せて自分をアピールできるため、他の就活サービスに比べてより自分らしさを表現できます。

どのような企業があなたに興味を持っているか(プロフィールを見たか)がわかり、企業からのオファーを待つだけでなく自分から企業に対して「会いたい」というオファーを出すことも可能です。

さらに、もう1つOfferBoxを使う最大の利点は、本格的で高精度な適性診断が無料で受けられます。

f:id:bobobonbonkura:20180821152052p:plain

(引用:OfferBox公式サイト

かなり高性能な診断で、この適性診断のためだけにOfferBoxに登録する価値があるくらいの優れものです。

質問数は多いですが、自分でも気付いていなかった自身のの強みや隠れた長所を知ることができるため、自己分析やエントリーシートの材料集めに最適なツールです。

スカウト型就活サービスをまだ使ったことが無いという方は、まずはオファーボックスから始めてみてはいかがでしょうか。

>>Offer Box(オファーボックス)の無料会員登録はこちら

キミスカ | プロによる就活の無料コンサルが受けられる

公式サイト:キミスカ | 1社の就活選考で複数社からスカウト

『キミスカ』の特徴は、人事経験のあるプロの就職コンサルタントによる無料のコンサルティングが受けられる点です。

f:id:bobobonbonkura:20180821144300p:plain

  • 自己分析
  • ES(エントリーシート)添削
  • 面接対策

などの就活に関する悩みにや相談に対して、人事目線からアドバイスをもらうことができます。

さらに、『キミスカ』からしかエントリーできない非公開求人も多数存在し、選考状況を公開することで、特別フローとして1次選考・2次選考をパス出来る場合もあるなど、スカウト型求人ならではのメリットも多数!

Offer Boxとキミスカを併用することで、取りこぼしなく企業からのオファーを狙うことができるため、この2つは早めに登録しておきましょう。

>>キミスカの無料会員登録はこちら

ニクリーチ | タダでお肉を食べられて内定もゲット!?

公式サイト:ニクリーチ | お腹を空かせた学生のためのスカウト型就活サイト

3つ目はちょっと変わったサービスのニクリーチ、「お肉で繋がり、企業の人事に焼肉をご馳走してもらえる就活サービス」がウリの『ニクリーチ』という斬新なスカウト型就活サイトです。

お肉をご馳走してもらいながら、企業担当者とじっくりお話ができるスカウト形態がニクリーチの特徴。

美味しいお肉を通じて企業と学生が打ち解けるので、普段聞きにくいことも企業の方にざっくばらんに聞けちゃいます!
「人のお金で焼肉が食べられる+就活も出来る」という一石二鳥な就活サービスです!
 
実際に僕もニクリーチを使ってみました!

f:id:bobobonbonkura:20180821140701p:plain

(引用:ニクリーチ公式ホームページ)

これは2018年7月時点(19卒)の登録者情報なのですが、総マッチング数が登録学生数を上回っているので、単純計算で1人1回はマッチングしている計算ですね!

登録だけして利用していない学生もいると考えると、マッチング率自体はかなり高いといえるのではないでしょうか。

登録後は必ずプロフィールを充実させましょう!プロフィールを充実させないと、スカウトは届かないのでお肉も夢のまた夢です。

タダでお肉が食べられて会員登録も無料です。ニクリーチに登録するだけなら無料なので、プロフィールを埋めてお肉を待ちましょう!

>>ニクリーチの無料会員登録はこちら

まとめ | スカウト型就活で新たな企業との出会いを増やそう!

もう一度、スカウト型就活サイトを利用するメリットについておさらいします。

  • 企業が採用に意欲的
  • 社会人と話すスキルが身に付く
  • ESを書く力が鍛えられる
  • 優良企業との出会いがある

就活は4年生から始まると思っている方も多いですが、大学3年生の時点から既にスカウト型サービスを利用して企業を吟味している学生も多くいます。

採用活動が本格化する前に学生との接触したいと考えている企業が多いため、出来るだけ早い段階から登録することをおすすめします。

>>Offer Box(オファーボックス)の無料会員登録はこちら

>>キミスカの無料会員登録はこちら

>>ニクリーチの無料会員登録はこちら

速い段階から多くの企業との接点を持っておくためにも、大手のナビサイトだけではなく、スカウト型就活サービスを活用して有利に就職活動を進めましょう!

 

追記:実際に就活を終えて本当に役立った就活サービス・本を下記の記事にまとめたので、こちらもご一緒にご覧ください。

関連記事:【経験談】20卒が就活で実際に役立ったおすすめサービス・本を紹介する