▼20卒が就活で本当に役立ったサービス・本を厳選してみた

【レビュー】ニクリーチは地方や田舎の大学生にもスカウトが届く!実際にご馳走してもらった感想をまとめてみた

どうも、地方大学生のばんいです。

企業の人事にご飯(お肉)をご馳走になりながらお話しする機会が頂ける
で、有名なこちらの『ニクリーチ』という就活サイト。

ただ、こういうサービスって地方大学生の僕からすると、

こういうサービスって東京とか都会の就活生がメインでしょ?

地方大学生でもほんとにご飯に行けるの??

って思っていました。

結論から先に言うと、地方や田舎に住む大学生でも、きちんとスカウトやメッセージが来ました。

今回は「地方に住んでいて、ニクリーチでご馳走してもらうイメージが湧かない」という地方の就活生のために、僕が実際に企業の方とご飯に行ってきた様子や流れを書き残しておこうと思います。

スポンサーリンク

【就活×焼肉】ニクリーチってどんなサービス?

『ニクリーチ』は、企業の人事の方に食事(焼肉)をご馳走して貰える就活サービスです。

お肉で繋がる」を合言葉に、多数のメディアで話題になっています。

ニクリーチの公式サイトを開くとわかりますが、ホームページがもうとにかく肉、肉、肉。

もちろん、食事代は企業が払ってくれるので、タダで美味しい食事を頂きながら企業の方とお話しすることができます。

ちなみに、食事の内容のメインは焼肉ですが、場合によっては、寿司であったり居酒屋であったりと様々です。

学生と企業がお肉を共にすることで、お互いの距離が近い状態でお話できます。

普段聞きにくいことが聞けたり、業界研究がしやすくなったりとメリットばかり!

お腹も心も満たされる就活サービスが『ニクリーチ』なのです。

既に多くの学生や企業が利用しており、地方の大学生でもマッチングのチャンスは十分にあります。

※2018年7月時点

ニクリーチで企業の人事とご飯に行くまでの流れ

「就活しながら企業の方とお肉を食べに行こう!」

って突然言われても「??」という状態になりますよね。

そこで、ニクリーチで企業の人事と食事に行くまでの流れを簡単に説明します。

▼ニクリーチの流れ▼

  1. ニクリーチに無料会員登録する
  2. ニクリーチ履歴書(自己アピールなど)を記入する
  3. 企業から「ランチスカウト」を受け取る

たったこれだけでOK!

あなたの「ニクリーチ履歴書」を見た人事の方からスカウトが届きます。

言い換えれば、企業の方は「ニクリーチ履歴書」しか学生の判断材料がないため、ニクリーチ履歴書を充実させることがスカウト獲得に繋がります。

ニクリーチで企業から届くスカウトは3種類

ニクリーチで企業から届くスカウトには大きく分けて3種類あります。

  1. 普通のスカウト
  2. 選考直結スカウト
  3. ランチスカウト

この中で企業の人事と食事に行けるのは「ランチスカウト」だけです。

地方大学生の僕でも、割とランチスカウトが届きましたよ!

▼僕に届いたスカウトの一部▼

※企業名は伏せてあります

ニクリーチは怪しい?運営会社は『BIZREACH(ビズリーチ)』なので安心

「お肉を食べて就活!」というと聞こえはいいですが、

ネット上には、

企業にご飯をご馳走してもらえるなんて美味しい話あるの?

怪しいサイトじゃない?危なくない?

という不安の声がチラホラ見られますが、安心してください、全然問題ありません。

ニクリーチを運営しているのは『BIZREACH(ビズリーチ)』という会社。

この会社は転職サイトの大手として非常に有名な会社です。

大手転職サイトのノウハウを活かして、新卒者向けに立ち上げた就職サイトが『ニクリーチ』なのです。

地方大学生が『ニクリーチ』で実際にご馳走してもらった話

いよいよ、地方大学生の僕がニクリーチを使って、実際に企業の方に食事をご馳走して頂いたときのお話をしていきます。

先に簡単な僕のスペックがこちら。
・大学3年生
・地方国立大学
・北陸地方
・文系

秋の終わりごろ、東京に本社を置くとある企業からのランチスカウトが届きました。

▼実際のメッセージの一部▼

(画像は一部加工してあります。)

この企業のスカウトメッセージの内容をこんな感じ。

・地方(北陸)でワーク体験イベントの開催が決まりました。
・ワーク体験後に懇親会の開催を予定しています。
・このスカウトが届いた学生限定のみ参加できます。

つまり、「ワーク体験後に皆でご飯でも行こうや!」ということですね。

ちなみに、このメッセージが届くまでは、「東京でイベントやるので来ませんか?」というメールがほとんどでした。

そんな秋のド平日に東京なんか行けるか!という気持ちからほとんどお断りしていたのですが、今回は企業がこっちに来てくれるとのこと。

初めての地方開催イベントのお誘いだったので尻尾を振って参加しました。

 

当日、服装の指定が特に無かったので、とりあえずスーツを着ていくことに。

イベントの会場につくと、僕を含めて学生が十数名いました。

男女比は半々くらい、大学も様々でした。

 

さすがに企業主催のイベント&参加者複数のため、写真は撮れる雰囲気ではありませんでした。。

 

2時間ほどのワーク体験を終わらせたら、いよいよお待ちかねの懇親会です。

居酒屋のコース料理をご馳走になりました。

お酒も入り、和気あいあいとした雰囲気で場が進んでいきます。

もお堅い話というよりは、学生と人事の方が料理を囲んで楽しくおしゃべりするような感じでした。

 

懇親会の場で人事の方に聞いたのですが、

今回のイベントは、うちの会社に合いそうな人や面白そうな人にだけ招待を出した。

と言っていたので、地方開催イベントに声がかかったら少し自分に自信を持ってもいいかもしれませんね。

ニクリーチで地方大学生に届くメッセージ・スカウト内容は3パターン

先ほども少し触れましたが、地方大学生の僕が『ニクリーチ』で受け取ったメッセージやスカウトの内容は、大きく分けて3パターンでした。

  1. 東京(都会)で会社説明会をするので来てください!
  2. 東京(都会)でイベントをするので来てください!
  3. 地方(居住地)でイベントをするので参加しませんか?

 

田舎では、都会の学生のような「人事と2人で食事に行きましょう!」というメッセージは期待できませんが、地方の学生にもメッセージを送ってくれる企業もちゃんとあります。

まあ、見てわかる通り「都会で説明会・インターンするので来てください!」というメッセージが圧倒的に多いですが。。

ただ、今回僕が参加したような「インターン兼食事会を地方で開催します!」というメッセージもあります。

「地方に住んでるから登録しないでいいや」というのはかなり勿体ないですね。

ニクリーチの登録方法・手順は3ステップ

ここでは『ニクリーチ』の登録方法や手順について解説します。

ニクリーチへの登録は、大学生であれば学年に関係なく誰でも可能です。

ただ、企業は早い段階で就活生を囲っておきたいと考えているので、
大学3年生、大学院1年生は特に企業から連絡が届きやすいです。

就活を控えた大学生は早めの登録をおすすめします。

①ニクリーチの公式サイトを開く

ニクリーチに登録するために、まずはニクリーチの公式サイトを開きます。

②無料会員登録を行う

ニクリーチの公式サイトを開いたら、

 

[登録してスカウトを受け取る]

 

をクリックして、無料会員登録画面に移ります。

名前や生年月日などの基本情報を入力すれば登録が完了します。

Facebookアカウントでも登録できるので、お好きな登録方法でどうぞ!

>>ニクリーチに無料会員登録する

 

③ニクリーチ履歴書(希望業種や自己アピールなど)を記入して完了!

無料会員登録が完了したら、「ニクリーチ履歴書」を記入しましょう。

記入する項目は以下の通り。

・ニクリーチに対する思い(選択式)
・英語レベル(選択式)
・TOEICスコア(任意)
・自身の関心、インターン経験など(選択式)
・希望業種
・希望職種
・文理どちらか
・フリーアピール

 

記入項目の内容は、他の就活サイトの登録情報や企業に出したESと同じ内容で問題ありません。

これらを記入すれば、ニクリーチへの登録は完了です!

あとは企業からのメッセージやスカウトを待ちましょう!

おわり:ニクリーチは地方大学生でも食事付きスカウトが届く

僕の例を見てもらってもわかる通り、『ニクリーチ』は地方大学生でもきちんとスカウトを受け取ることができます。

自分は地方に住んでいるからといってニクリーチへの登録を諦めていませんか?

スカウトを受け取る機会を逃さないよう、早めに登録することをオススメします。

もし登録したら、企業へのアピールのために忘れずにニクリーチ履歴書を完成させましょう!

 

※2019年8月追記
就活を終えて、本当に役立ったおすすめサービスを下記の記事でまとめたので、こちらもご覧ください。

関連記事:【経験談】20卒が就活で実際に役立ったおすすめサービス・本を紹介する

その他の隠れたおすすめ就活サービス

今回は『ニクリーチ』を紹介しましたが、この他にも意外と知られていない就活サービスっていくつもあるんです。

有名だからといって、大手の『リ〇ナビ』や『マ〇ナビ』ばかり使っていると、大きな機会損失になってしまいますよ!

知名度が低く、使っている就活生が少ないということは、周りが持っていない情報を手に入れる絶好のチャンス。

 

ここでは、隠れたおすすめ就活サービスをいくつか紹介します。

まだ登録していないものがあれば早めに登録して、情報量で他の就活生に差をつけましょう!

※紹介するサービスの登録・利用は全て無料です。

OfferBox(オファーボックス) | 国内最大級のスカウト型逆求人サイト

OfferBox』は登録企業数・学生数ともに国内最大のスカウト型逆求人サイトです。

学生が登録したプロフィールをもとに企業がオファーを出し、選考が始まります。

オファーボックスでは、プロフィール入力率80%以上の学生であればオファー受信率が93.6%!

ほぼ全ての学生がOfferBox経由でオファーを受け取っています。

実際に僕も使っていましたが、複数社からオファーを受けることが出来ました。

関連記事:OfferBox(オファーボックス)の評判・メリットは?20卒が使った感想をレビューする

毎年利用する学生が増えているので、ライバルに差をつけるためにも登録していない学生は早めに登録しておきましょう。

>>OfferBoxに登録してスカウトを受け取る

キミスカ | 早期内定や特別選考スカウトをゲット!

ヘッドハンティング会社が運営している『キミスカ』は、ニクリーチと同じくスカウト型の就活サイトです。

学生がプロフィールや選考の状況を開示することで、企業からの特別選考スカウトを受け取ることができます。

希望すれば就職コンサルタントによる自己分析対策・ES添削・面接対策など、人事目線での徹底サポートも受けることができます。

キミスカからしかエントリーできない非公開説明会や求人も多数あるので、登録しておいて損はないサイトです。

>>キミスカに登録してスカウトを受け取る

就活ノート | 現役就活生のリアルな情報がココにある

就活ノート』では、現役の就活生がもつリアルな情報が手に入ります。

・1,000社を超える通過ESの実例が見れる
・就活の情報が網羅された就活特集記事が豊富
・先輩がまとめたリアルな選考情報
・いざという時のための、就活の心得やマナーの情報
・業界で活躍されている就活のプロが語るコーナー

などなど、就活に役立つリアルな情報が盛りだくさん。

しかも就活ノートの利用は無料会員登録するだけでOKです!

隙間時間に眺めるだけで就活の対策が出来ちゃいます。

>>就活ノートに無料登録して就活情報をGETする

digmee | LINEでサクッとエントリー!ベンチャー志望なら必須

digmee』は、説明会や選考会への応募がLINEで簡単にできる次世代の就活サイトです。

digmeeが主催する就活イベントでは、優秀な学生は複数の企業から選考パスが貰えることも!(最大7社)

大手企業はもちろん、特にベンチャー企業が数多く利用しているので、ベンチャー志望の学生は登録必須の就活サイトです。

>>digmeeに登録して早期内定をGETする

ビズリーチ・キャンパス | 就活の第一歩、OB・OG訪問はここから

最後に紹介するするのがニクリーチと同じく『ビズリーチ社』が運営する『ビズリーチ・キャンパス』です。

このサイトは、就活の中でも特にOB・OG訪問に特化しています。

OB・OG訪問をしたいけどコネを持っていない学生は是非とも利用しておきたいサービスです。

早めのOB・OG訪問で業界研究を進めることで、他の就活生より1歩リードした状態で就活に挑めますよ!

>>ビズリーチ・キャンパスに登録してOB・OGする

 

関連記事:【経験談】20卒が就活で実際に役立ったおすすめサービス・本を紹介する