▼今なら実質1年間無料!月額159円の学生版Amazonプライムがお得すぎた

【荒野行動】初心者でもドン勝できる立ち回りを画像付きで解説する







どうも、ばんいです。

今一番熱いスマホゲームは何かと聞かれれば真っ先に名前が挙がるであろうゲームと言えば『荒野行動』ですよね!

僕も絶賛ドハマりしています。

最近はYouTube内でのCMも見かけるようになりますます知名度があがっていることでしょう。

そこで今回は、そんな荒野行動で勝利する、すなわちドン勝するために覚えておきたい立ち回りテクニックをまとめてみました。

初心者から中級者でキルレ1を越えたい方は必見!

今回の記事では、僕が実際にドン勝したときの画像を使って説明しています。

ただ、この記事はバンバン敵をキルすることが目標ではなく、純粋にドン勝を狙うために敵との出会いを避け、最後の1人を倒してドン勝することが目標なので、敵との戦闘を楽しみたい方はまた別の機会に。

個人的にも激戦区に降りて敵との戦闘を楽しむよりも、残り10人の緊張感を楽しむ方が好みです。

そろそろ本題に入りましょう。

大前提として頭に入れておきたいこと

キルをとることより生き残ることを優先

大前提としてこのゲームの勝利条件は最後の1人(1チーム)になることです。

たとえ10キルとったとしても最後の1人を倒せなければ敗北なのです。

逆に言えば1キル、運が良ければ0キルでもドン勝することは可能なので、初心者や腕に自信が無い方でもドン勝のチャンスは十分にあります。

生き残ることを最優先に行動しましょう。

各武器・アイテムの特徴を覚える

各武器やアイテムの特徴をなんとなくでもいいので覚えておきましょう。

アサルト(小銃)の中ならコレよりもコレが強い、スナイパー(狙撃銃)ならコレという風になんとなくで構いません。

あとは落ちているアイテムの見た目だけで自分に必要かどうか判断できるのも大切です。

アレは短機関銃の弾だからいらない、2ヘルがあるけど3ヘル着けてるからいらない、という風にアイテムの見た目だけで必要かどうかを判断できるようになれば無駄な動きを減らすことができます。

敵はエイムも立ち回りも自分より上手い

なによりコレです。初心者の方ほどわかっているかもしれませんが、敵は皆自分よりも上手いと思って立ち回りましょう。

敵と正面からまともに打ち合ったら負けてしまうことを前提に、出来るだけ敵の背後やバレにくい場所を陣取りましょう。

コレは初心者以外も常に意識しておくべきですね。

序盤の立ち回り:最初の安全地帯縮小まで

激戦区には降りない

f:id:bobobonbonkura:20180507194349j:plain

先ほども言いましたが荒野行動は最後の1人を目指すゲームです。激戦区に降りた場合、物資も豊富でキルも稼げますが、生き残る確率というのはかなり低いです。

生き残ることを最優先に行動するためには、激戦区と呼ばれる場所は避けて若干離れたところにある小さな集落を目指しましょう。

今回は石油プラットフォームに降りてみることにしました。

1200mを目安にヘリから出る

f:id:bobobonbonkura:20180507194431j:plain

戦闘が始まりヘリの航路が表示されたら降りたい場所にピンを刺しましょう。するとピンの場所までの距離が表示されます。

ヘリから降りるときは、ピンまでの距離が1200mを目安にしましょう。

なぜこの目安なのかというと、降下中に移動スティックを前に倒し、画面を最大限上方向にむけた場合の移動可能距離がだいたい1200mなのです。

パラシュートが開いたらまずは敵の有無を確認しましょう。敵がいた場合はだいだいの方向を把握しておきましょう。

敵の有無に関わらず着地したらまず武器を手に取る癖をつけておくとよいです。

アサルト(小銃)とスナイパー(狙撃銃)を優先して拾う

f:id:bobobonbonkura:20180507195036j:plain

アサルトを見つけた場合は優先して拾いましょう。

優先度でいうと、

アサルト>スナイパー>サブマシンガン>ショットガン>ハンドガン

の順です。基本はアサルトとスナイパーの2丁持ちいいと思います。

エイム力に自信の無い方はスナイパーの中でも、88式やSVDなどの連射型のスナイパーを拾うことをオススメします。ある程度慣れてきたらKarやM24などでヘッドショットを狙っていきましょう。

敵がいない条件を満たす場所へ移動

f:id:bobobonbonkura:20180507195108j:plain

降りた集落を一通り漁ったら移動しましょう。

移動場所のポイントとしては、

  • 安全区域の端
  • 家や岩、木など隠す場所がある所
  • 激戦区付近の集落は避ける
  • ヘリのルートから遠い場所

この中の2つ以上の条件を満たす場所を目指しましょう。

敵とまともに打ち合ったら負けてしまうという前提のもと動く場合、もっとも優先すべきは敵がいる可能性が低い場所へ向かうことです。

たとえ安全区域内でも、激戦区付近の家は激戦区を制した猛者が流れてくる可能性があるためかなり危険です。

また、最初のヘリのルートから届く範囲にプレイヤーは集まっているので、ヘリのルートから外れている集落に向かうと比較的安全に物資を漁ることができます。

出来るだけ敵に遭遇しにくい場所を目指して移動しましょう

中盤の立ち回り

常に敵がいると思って行動する

f:id:bobobonbonkura:20180507200231j:plain

ゲームが進むにつれエリアが狭まるので中盤になると敵との遭遇率も上がってきます。

移動先の集落の家のドアが閉まっていたとしても安心は出来ません。敵がコチラに気付いて塀の裏などに潜んでいる可能性もあります。いつ敵と出会っても戦えるように構えておきましょう。

移動中も常に視界を動かして欠かさず索敵を行いましょう。

また画面を気持ち上に向けておくことで、索敵範囲が広がるほか、敵と遭遇したときも弾が頭に当たりやすくなります。特に初心者は画面が下に向きがちなので意識してみてください。

敵を見つけてもすぐには撃たない

f:id:bobobonbonkura:20180507195718j:plain

敵と出会わないことがドン勝への近道ですが、もしも敵を発見してしまった場合、すぐに撃ちたくなる気持ちはわかりますが一旦抑えましょう。

まずは自分の安全が第一です。

平野で棒立ちして遠くの敵をひたすら撃つのは絶対にやめましょう!

上手い相手なら1秒とかからずこちらにエイムを合わせて撃ってきます。

必ず木や岩の陰など敵に反撃されても身を隠せる場所から撃ちましょう。

スコープを使う場合も、スコープ除いたまま敵を探しているとかなり無防備な状態になってしまうので、敵との距離が近い場合や敵に気付かれている場合は使う時間を最小限にとどめましょう。

また、撃つことで別の敵にも場所がバレる可能性があるということも頭に入れておきましょう。

この画像の場合も撃ってはいけない例の1つです。

コチラは安全地帯の外なのに対して、相手は安全地帯内なので相手の方が圧倒的に有利です。

幸いにもまだ相手に場所がバレていないようなので、このような場合は倒すことよりも安全地帯に入ることを優先しましょう。

音が聞こえたらすぐにマップを確認

f:id:bobobonbonkura:20180507181748j:plain

足音はもちろんですが、銃声や車の音が聞こえたら真っ先にミニマップを見ましょう。

ミニマップに銃声や車のマークが表示されていたら必ず画面をその方向に向けるようにしましょう。その銃声がコチラを狙ってものである可能性もあるので、まず身を隠せる場所を探しながら足を止めずに敵をさがしましょう。

その敵がこちらを狙っていた場合はすぐに弾が当たらない位置に身を隠しましょう。敵の様子を見て身を隠しながら交戦、あるいは逃げても構いません。

音やマークに気付いた場合は、すぐにその方角に画面を向ける癖は必ずつけておきましょう。

音自体は聞こえなくてもミニマップに表示される場合があるので、チラチラとミニマップを見ることもドン勝のためには必要です。

基本的に伏せない、棒立ちはしない

f:id:bobobonbonkura:20180507194153j:plain

基本的に伏せない、棒立ちはしない、なぜなら頭を抜かれるからです。

特にヘルメットLv1,Lv2の場合、スナイパーで頭を抜かれると1発でやられてしまいます。ある程度腕に自信のあるプレイヤーは当然のようにスナイパーで頭を狙ってきますし、もちろん当ててきます。

そう考えると伏せている敵や棒立ちの敵というのは格好の餌食です。

また、伏せているときに撃ち合いになると相手の弾が当たる面積こそ減りますが、頭に被弾する確率がグンと上がるのであまりオススメはしません。

草むらの中に伏せたとしても、ある程度離れたところからは草が表示されなくなるので丸見えになりこれまた格好の餌食です。

伏せる場合は岩陰など敵から撃たれにくい場所だけにしておきましょう。

ただし、画像のように敵(この画像では自分)に見つかってしまうとすぐに頭を抜かれてしまうので気を付けましょう。

支援物資には出来るだけ近づかない

f:id:bobobonbonkura:20180507200423j:plain

赤い煙の出る支援物資には強力なアイテムが入っている可能性がありますが、物資付近では敵と交戦する確率が非常に高いです。腕に自信のない内は極力近づかないようにしましょう。

物資が近くに落ち、敵の姿も見えず1番乗り出来そうな場合は向かっても構いません。そのときは物資の中身を一旦全部取り、赤い煙を出来るだけ早く消して敵が近づいてこないようにするのがベストです。

物資を拾っている間は無防備になりがちなので素早く拾ってしまいましょう。

また、近くに物資が落ちた時は物資を狙うプレイヤーを狙うという作戦も効果的です。

安全地帯(アンチ)にはすぐに入らない

f:id:bobobonbonkura:20180507200436j:plain

安全区域縮小前に白い枠の中に入ってしまうと白枠の中はもちろん、アンチ外から向かってくる敵にも警戒しなければなりません。全方位を警戒するのは上級者でも難しいことです。

赤枠の外(アンチ外)には基本的に敵はいないので赤枠を背にして戦うと警戒する方向が減るので初心者にとっては戦いやすくなります。

アンチが決まったらといってすぐに移動せず、できるだけアンチの端を陣取れるように移動していきましょう。

アンチに入ってからも気を抜かず、縮小後もしばらくはアンチ外から走ってくる敵に警戒しましょう。ダメージを負いながら向かってきている敵は狙い目です!

終盤(残り10人以下)の立ち回り

木や岩の裏に陣取る

f:id:bobobonbonkura:20180507200947j:plain

基本的に木や岩に裏を隠れながら移動しましょう。

残り10人前後になってきたらむやみに動いてはいけませんが、頭を撃たれないために常に移動スティックをぐるぐる回しておくのはかなり有効です。

終盤のアンチが平野でない限りは伏せて隠れるのは避けたいところです。自分の身を隠すことができ、かつ敵の動きも観察できる場所がベストです。

特に大きな岩の裏を取れた場合はかなり有利になります。

だいたいの敵の位置を確認しておく

f:id:bobobonbonkura:20180507201000j:plain

終盤になるとだいたいの銃声はマップに表示されるので敵の方角は覚えておきましょう。残り4人であっちに2人、そこの岩裏に1人、というように敵の位置関係が分かればかなり有利になります。

アンチの位置を見て「あいつはアンチから遠い、走ってくるところを狙おう」「敵通しが撃ち合っているから今のうちに敵がいないコッチから回っていこう」など、敵の位置関係を把握しておくことで有利にゲームを勧めることができます。

敵の位置を把握しておくことで、敵が残り数人やあと1人のときも落ち着いて立ち回ることができます。

f:id:bobobonbonkura:20180507201909j:plain

敵がラスト1人でも怖くありません。お疲れ様でした。ドン勝です。

終盤の死体箱(敵の物資)は基本的に漁らない

ドン勝はとりましたが補足をしておきます。

ゲーム終盤になると別のプレイヤーの物資が近くに落ちていることが多くなりますが原則漁ってはいけません。

他のプレイヤーの餌食になる可能性が高いです。

どうしても回復が必要な場合だけ、サッと取って同じ場所に留まることが無いようにしましょう。ただし絶対にその場でアイテム整理を始めてはいけません。

終盤なら弾薬も回復もそれほどたくさん必要になることはないので必要最低限ある場合はスルーしておきましょう。

おわり

f:id:bobobonbonkura:20180507214125p:image

長くなりましたが、以上のことを意識できていればドン勝はそう遠くないはずです。

中級者以上の方からすると当たり前な内容かもしれませんが、意外とこれらを意識できている人というのは少ないのです。

無理に戦う必要はありません!0キルドン勝でも勝ちは勝ちです。

むしろ0キルドン勝なら成就の勲章が1つもらえるのでお得なのです。

必要以上に突っ込むのをやめて慎重な立ち回りを意識するだけでも生存率はグッと上がります。

これまで立ち回りについてあまり考えていなかった方はぜひ参考にしてみてください!

いつか一緒にドン勝を食べましょう!

ではでは。