▼今なら実質1年間無料!月額159円の学生版Amazonプライムがお得すぎた

スマホで記号の辞書登録をしておくとめちゃくちゃ捗るぞ!







どうも、ばんいです!

スマートフォンの普及でLINEやTwitterなど、スマホのキーボードで文を書く機会って結構ありますよね。

PCタイプのキーボード入力の場合は問題ないのですが、フリック入力やガラケーの入力方式を使っている人にとって厄介なのが記号の入力ですよね。

普通の文字入力ならスラスラと文字を打てるけども、記号の入力となると、記号の画面を開いてキーボードの対応表を見ながら入力して、、、

と、記号の入力となると時間がかかってしまう人案外いますよね。僕もそうでした。

ちなみにその悩み、辞書登録機能を使えば解決できます!

ちょっとひと手間、辞書登録をするだけで入力時間の圧倒的が短縮可能です。

というわけで今回は、初めに軽く辞書登録機能の説明を挟んだあとに、記号の入力がめちゃくちゃ楽になるオススメ辞書登録の方法について解説していきます。

辞書登録機能とは

最初に軽く辞書登録機能について説明しますね。

辞書登録は、ある「単語」に対する「読み方」を自分で設定できる機能です。

よく利用されるパターンは、

  • 特殊な読み方をする固有名詞(地名や店名など)
例:魂心家(ラーメンチェーン)→「こんしんや」
  • 日常で使う略語
例:「落単」→「らくたん」(意味:単位を落とすこと)
  • 長い単語・定型文
例:「よろしくお願いします」→「よろ」
  • 記号(後ほど詳しく)

といった感じですね。

上の例の場合、「らくたん」と入力すると変換候補に「落単」が、「よろ」と検索すると「よろしくお願いします」が候補に出てくるようになります。

辞書登録のやり方(iOS版)は、「設定」→「一般」→「キーボード」→「ユーザー辞書」→「画面右上の[+]ボタン」からできます。

f:id:bobobonbonkura:20180810172308p:image

この画面から設定可能です。

記号の辞書登録は見た形のまますべし

記号を辞書登録する場合、最もオススメする登録方法は、記号の形を見たまま登録することです。

最初にも述べましたが、記号は慣れるまで入力に時間がかかりますよね。

辞書登録してしまえば、悩むことなく入力できますし、仮に記号の入力に既に慣れていたとしても、辞書登録をした方がより早く入力できます。

括弧は絶対に辞書登録するべき!

僕が一番オススメしている記号の辞書登録は、「」(括弧)です。

「」(括弧)をそのまま「かっこ」という読みで登録しても良いのですが、もっとオススメな登録があります。

それがコチラ↓

  • 「 →「かあた」or「たあか」
  •   」 →「はらや」or「やらは」

下の画像のようにキーボードで括弧をなぞるイメージです。

f:id:bobobonbonkura:20180810190213j:image

僕の場合は、二重かぎ括弧『』も同じ読みで登録してあります。

他の括弧は、

  • 丸い括弧( )は「あたま」、「さはら」
  • 大きい括弧【 】、[]は「かあたまや」、「かさはらや」

で登録すると入力が非常に楽になります。

矢印もオススメ辞書登録の1つ

括弧に続いて矢印の辞書登録も欠かせませんよ!

矢印の記号を出すときは、デフォルトの状態でも「みぎ」と打てば「→」と出ますし、「ひだり」と打てば「←」がちゃんと出ます。

これでも問題は無いのですが、これも直感的に入力できるようにしておくと更に捗ります。

  • 「↑」は「なか」
  • 「→」は「なは」
  • 「↓」は「なや」
  • 「←」は「なた」

での登録をオススメします。

キーボードの中心から矢印の指す方角へなぞるイメージです。

f:id:bobobonbonkura:20180810190217j:image

変換候補にもある通り、僕の場合は普通の矢印の他に何種類かの矢印のパターンを辞書登録済みです。

あったら便利、その他の記号

ここまで紹介してきた括弧と矢印の辞書登録は必須レベルです。個人的にもこの2つはかなり重宝しています!

それに対して、次に紹介するのはあったら便利なその他の記号の辞書登録です。

人によっては無くても困らない人もいると思うので、自分に必要だと思うものだけ登録してもらえれば大丈夫です!

というわけで、まとめて紹介しちゃいます。

  • < >→「かたや」、「かはや」
  • ・(点) →「なな」
  • …(三点リーダ)→「たなは」
  • / 、/(スラッシュ)→「さなま」
  • :(コロン)→「かや」
  • ;(セミコロン)→「かやわ」

これらも記号の形をキーボードでなぞるイメージで登録しています。

記号以外のオススメ辞書登録

記号以外にももちろんオススメの辞書登録があるので紹介しておきます。

こちらも登録しておくと生活が捗るものばかりです。

メールアドレスの@以降の部分

メールアドレスを入力するときに面倒なのが@マーク以降。

打ち込むのも面倒だし、会社ごとに末尾が若干違うので思い出すのも大変ですよね。

そこで辞書登録の出番です。

会社名を入力すると、その会社のメールアドレスの@以降の部分が出せるようにしましょう。

  • 「@gmail.com」→「ぐーぐる」
  • 「@yahoo.co.jp」→「やふー」
  • 「@docomo.ne.jp」→「どこも」

auとsoftbankを登録する場合、現在2種類の@以降の部分が混在していているので2種類とも登録しておきましょう。

ちなみに自分のメールアドレスは「○○××@gamil.com」→「めあど」と一発で出せるようにしておくとかなり捗ります。

家のWi-Fiのパスワード

「Wi-Fiのパスワード」→「わいふぁい」で登録しておくだけです。

友人が遊びに来たときに、わざわざルーターの裏を見てパスワードを確認しなくても、友人のLINEにポイとパスワードを送るだけで済みます。

そのためだけの辞書登録です。

Pontaカードなどの会員番号

ポンタのウェブサイトの場合、ログインするたびに15桁の番号入力を求められるので、それに対抗するために登録しました。

覚えるほどでもないが、わざわざ調べるものが面倒なものは辞書登録一択です!

ただし、クレジットカードの番号だけはもしもの場合を考えて辞めておきましょう。

おわり

使いこなせれば非常に便利で、入力スピードアップ間違いなしな辞書登録。

使ったことがないという方がいましたら是非参考にしてください!

もう辞書登録なしでは入力できない体にさせられてしまいます。お気を付けを。

今回紹介したものの他にもオススメ辞書登録があったら教えてください…!

一緒に便利を共有していきましょう!

ではでは。