▼今なら実質1年間無料!月額159円の学生版Amazonプライムがお得すぎた

無趣味には無趣味なりの考え方・メリットがある







どうも、ばんいです。

自己紹介のときによく聞かれる「趣味はなんですか?」という魔の言葉。特にこれからの出会いの季節でよく耳にすることになるでしょう。。

特に趣味のない僕は毎シーズンこの質問の返答に悩まされます。

一応無趣味な僕には無趣味なりの考えがあるのですが、やはり趣味に打ち込んでいる周りの友人を見ていると羨ましいなーと思ったりもします。

「これがあれば楽しい!」っていうことが決まっているのは、無趣味な僕からすると実に羨ましいのです。

そんな趣味に打ち込む僕の友人を見るとともに、僕の趣味に対する考え方について書いていこうと思います。

趣味に打ち込んでいる友人たち

僕の周りにいる趣味に打ち込んでいる友人の話を先にします。自分の生活を趣味に捧げるという生き方が羨ましいなと持ったりもします。

今回紹介する友人は皆僕と同じ20歳の学生です。

YouTuber『しゅんダイアリー』のしゅん

f:id:bobobonbonkura:20180319165649j:plain

www.youtube.com

先日記事にした大学生YouTuberの『しゅんダイアリー』のしゅんです。

彼は仮面浪人の経験や同じ境遇の人たちに元気を与えたいということからYouTubeを始めました。

近くで見ているのでわかりますが、現在彼の生活のほとんどがYouTubeに支配されています。もちろんいい意味で支配されています。

YouTuberの毎日は「準備→撮影→編集→準備→撮影→編集→…..」で過ぎていくので、見た限りでは基本的に暇な時間というのはあまり無いような印象を受けます。彼は機会が苦手なので編集に時間がかかると言っていましたが、それを考慮しても忙しいというのはわかります。

活動にかかる費用もアルバイトではなく、YouTubeの収益やYouTubeで培った動画編集の技術でお仕事を頂きそれで賄っているようなのでなんとも立派なことです。

忙しいとは書きましたが、自分の好きなことを毎日している結果忙しいというのは本人にとっても幸せなことだと思います。

これほどまでに毎日好きなことをして過ごせているという人はそもそも少ないので趣味の理想形ともいえるのでは無いでしょうか。

▼しゅんダイアリーに関する記事はコチラ

https://turedure20.com/entry/2018/03/19/224345

25年前のMT車『日産180SX』に乗っている車好きの友人

f:id:bobobonbonkura:20180321161212j:plain

次は車好きの友人のお話です。

小中学校時代の友人なのですが、当時から車が好きで『グランツーリスモ』という車のゲームを極めていた印象が強いという印象でした。

成人式の日に数年ぶりに再会すると車好きなので当然ですが「車を持っている」と聞いたので車種を聞いたところ『180SX(ワンエイティー)』に乗っているとのこと。

(ワンエイティ?聞いたことあるけどどんな車だっけ?)

と思い調べてみると、なかなかに古い日産のクーペのようです。若い人で『180SX』がわかるは車が好きな人か生まれる時代を間違えた人だと思います。

年式を聞いたところ25年落ちの中古の『180SX』を格安で譲ってもらったそうで。

いや25年落ちて。自分よりも車の方が人生経験長いってどないやねん。と言いたくなりますがやはりカッコよさはわかります。

クラシックなフォルムのカッコよさも伝わりますし、ライト部分が『パカッ』と開くギミック感にワクワクもします。

現役で『180SX』に乗っているというところからも、本当に車が好きなんだなあということが伝わります。

ちなみにどこかで聞いたことある車だなと思ったら僕のおじいちゃんの前の前の車でした。「おぉ!俺のじいちゃんの2つ前の車と同じや!」と言いそうにもなりましたが、あまりにも野暮なのでやめておきました。

1枚10万円の値が付く絵を描く美大生

f:id:bobobonbonkura:20180321163655j:plain

お次は友人の美大生。

学校は違いますが高校時代からの友人で現在美大で絵を学んでいます。

彼がどんな絵を描いているかはあまり詳しく知らなかったので「絵が上手なんだろうなー」くらいにしか思っていなかったのですが、先日会ったときに話を聞くと「俺の絵1枚10万円で売れたことあるよ」とのこと。

「うん、パネェ。」

手に職をつけて自分のスキルでお金を稼ぐことに憧れがある僕は素直に尊敬しました。

【厳選】大学生でも出来る!アルバイト以外で稼ぐ方法8選
どうも、ばんい( @otonanarou)です!大学生のほとんどの方がアルバイトをした経験があるのではないでしょうか?アルバイトというと基本的には時給○○円という給与形態ですよね。つまり、仕事内容や成果に関係なく自分の1時間を〇〇円で切り売

それだけかと思いきや、同じ専攻の人と共同で個展を開いたそうです。

個展を開くことが美大生にとって当たり前なのかそうでないのかはわかりませんが、一般ピーポーの僕からすれば凄いことだと思います。語彙力が無くてどう言ったらいいかわかりませんが凄いことだと思います。

美術の界隈のことはよくわかりませんが好きなことで楽しく活動しているようなので羨ましい限りです。

10万円のイヤホンを使っている友人

最後はガジェットが好きな友人のお話。

これまでの3人と比べると若干インパクトは薄いですが、10万円のイヤホンを愛用しているとのこと。

10万ですよ10万。この世に、しかも大学生で、イヤホンに10万円を出せる学生がどれほどいるでしょうか。少なくとも僕には無理です。10万円のイヤホンと聞くと確かに使ってみたさはありますが、それを買う度胸は僕にはありません。

10万円をイヤホンにポンと出せる人生にも憧れます。

僕が無趣味である理由

僕の周りには色々な趣味をもった友人がいるわけですが、それでも僕が無趣味を貫き通している理由もちゃんとあります。無趣味の言い訳かもしれません。

色々なことに挑戦してみたい

まず第一はこれですね。

僕は色々なことを経験したいという気持ちが特に最近強いのです。何か一つを狭く深く極めるのもいいなーとも思うのですが、やはり色々なことをしてみたいです。

趣味を1つ極めるよりも、日本一のバンジージャンプを飛んだり、超巨大な抹茶プリンを作ったりと、そういうことをしている時間や計画している時間の方が好きなのです。

【6kg・75人前】超巨大抹茶プリンを作ってみた
どうも、ばんいです!タイトルにもある通り僕は、総重量6キロ・約75人前の超巨大抹茶プリンを作ったことがあります。(※ちゃんと全部食べました)実際に作ったのは去年の5月くらいなのですが、スマホの写真を見返しているとこれは記事として残しておきた
高さ100m!茨城の『龍神大吊橋』の日本一高いバンジージャンプに挑戦してみた
どうも、ばんいです!人生で1度はバンジージャンプを飛んでみたくないですか!僕の「死ぬまでにやりたいことリスト100」にも載っているバンジージャンプですが、ついに!飛んできました!!バンジージャンプをすると決めたからには、やはり日本一を攻めた

やりたいことリスト100も作りましたからね。これからも新しことに挑戦していきたいものです。このブログもしかり。

ブログなら始めたとしても他のことに挑戦できるうえに、その挑戦で記事が書けるので一石二鳥といったところです。

1つのことばかりに時間を使いたくない

f:id:bobobonbonkura:20180321183213j:plain

新しいことに挑戦するためには時間が必要です。

よく友人に勧められるのですが、僕は「アニメ・漫画・ドラマ・映画」の類をほとんど見ません。理由はただ画面の前でぼーっとしている時間がとても勿体なく感じるからです。受け身の娯楽は多分僕にはあっていないのでしょう。どれも見てみるとストーリーは面白いのですが、身になるものがあまり無いので別に見なくてもいいかなーという感じですね。

一方でブログやYouTubeは割と漁っています。ブロガーやYouTuberはとにかくクリエイティブな人が多いですね。かなり刺激を受けます。

ブロガーの方は常識に捉われない考え方をしている人が多く、生活に活かせる考え方がブログの至るところに落ちていますし、YouTuberの場合は恐ろしい企画力を持った人を良く見ており、有名どころだと『東海オンエア』の企画はどんな発想から生まれているのか非常に気になります。

娯楽に浸ってばかりだと成長出来ないという思い込みもあるかもしれませんが、僕としてはブログやYouTubeを見て色々な刺激に触れて自分の考えを深めていく方が楽しいのです。なんだか話がわからなってきたので次に行きます。

広い視野、高い視座を持ち続けたい

これまた主観的な意見にはなるのですが、何か1つの物事に熱中していると僕の場合視野が狭くなってしまうような気がするのです。あくまで僕の場合です。

僕は常々新しい情報を知ってそれに合わせて立ち回るのが賢い生き方だと勝手に思っています。ちなみにブログを始めた理由の1つでもあります。

仮想通貨にしてもブロガーの方は春先から始めている方が多い印象です。やはりブロガーというのは情報感度が高いと思います。

などということもあり、様々なことに関して常に広い視野と高い視座を持ち続けていたいのです。

自分にお金を使うことにためらいがある

僕は自分にお金を使うことに物凄くためらいがあります。

特に服、誰かに買い物行こうと誘われない限りほとんど服を買いません。買いに行くのも1シーズンに1回くらい、4.5着くらい買う程度です。もちろん安いお店で。あとは貰い物とかAmazonで安いのを見つけたときくらいですね。

無趣味と言うより自分にこだわりが無いといった方がいいのかもしれません。1000円の服1着買うのも悩みます。

Switchを買うときも近所のGEOの店内で1時間ほど悩んでいました。悩んでいるとお腹が痛くなったのでやむなし購入しました。

そう、趣味にはなにかとお金がかかるのです。

人へのプレゼントや普段の食事にお金を出すことは全然構わないのですが自分のこととなるとなぜか手が進みません。不思議なものです。

おわり

無趣味であることをどうにかしようと思い、先週任天堂Switchを買ったのですが結局ほとんどやらず1週間経ちました。スプラトゥーンを一緒に買ったのですが、起動しているソフトは『ぷよぷよテトリス』の体験版ばかり。

ゲームを買ったもののゲームをする時間が勿体なく感じやらなくなり結局無趣味に収束。どうしたらものかと思い今回の記事にしておきました。

趣味が欲しいなーと思うこともありますが、無趣味には無趣味なりのメリットもあるのです。趣味がある人は羨ましですし、無趣味な人の考え方にも共感できます。一概にどちらが良い、どちらが悪いを決めつけてしまっては広い視野は持てなくなります。

胸を張ってブログが趣味と言えるほどまで成長したら、この記事を消しちゃいましょう。

ではでは。