▼Audibleで本を聴こう!無料体験で今なら最大3000円分のAmazonポイントが貰える!詳細はコチラ

コンビニの新型レジの変更点を元コンビニバイトが解説する







どうも、元コンビニアルバイターのばんいです!

ご存知の方もいるかもしれませんが、2017年の夏頃から大手コンビニ3社が揃って新型レジの導入を始めました。

一部店舗では既に導入されているお店もあるそうです!

小っちゃくなったり、のっぺりしたりと従来のモノと比べて見た目は変わっているものは多いようです!レジの性能の変更点も気になるところです。

そこで今回はコンビニの新型レジの変更点を、元コンビニバイトの僕が分析していこうと思います。

追記:2018年8月現在、既に多くのコンビニで新型レジが導入されているようです! 

セブンイレブン

セブンイレブンの新型レジの外観はこちら!

f:id:bobobonbonkura:20180221155835p:plain

出典:http://www.sej.co.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/020/627/0914.pdf

画像左がお客さんから見た外観、画像右が店員から見た外観になります。

画面の大型化

見てわかる通りお客さん側の画面サイズが2周りぐらい大きくなりました。

画面サイズは12インチ→15インチとなり、文字サイズも2割アップとかなり見やすくなります。

また、これまではレジの隅に小っちゃく書いてあった対応カード会社や対応電子マネー一覧も画面に表示されるようになりました。このカードは対応しているかなどは外国人観光客によく聞かれるので店員側からするとこれは助かります。

nanaco決済のスピードアップ&その場で残高確認が可能に

セブンの電子マネーといえばやはりnanacoカードですよね。

でもnanacoカードの読み取りってカードを端末にあててから決済まで感覚的に1秒くらい待たなきゃいけないんですよね。

特にSuicaとかの交通系ICは端末あてた瞬間に決済されるので特にnanacoの遅さが目立ちます。それでも店員からすると現金よりは楽ですが。。

しかし、その問題点も今回のレジ刷新によってnanacoの決済スピードが3割アップし若干解決されました。

さらにカードを当てる下の部分の液晶に決済後nanacoの残高が表示されるようになりました。

これまでは残高を確認するためにレシートが不要な人もレシートを受け取る必要がありましたが、これで受け取る手間も無くなりますね!

多言語に対応

お客さんの画面、店員側の画面が共に多言語対応可能になりました。

外国人のお客さん、店員が共に増加する中でとてもありがたい変化ですね!

2020年の東京オリンピックに向けての対応のようです。

物理ボタンとソフトキーの併用(店員側)

従来のセブンのレジのボタンは全て物理ボタンでしたが、新レジでは一部のボタンがソフトキーに、つまりタッチパネルになっています。

数字キーが物理ボタンのままなのは店員からするとめちゃくちゃありがたい!

(客層ボタンは廃止してもいいくらい必要ないが)

ソフトキーは機能の追加に伴って配置変更も可能らしく利便性が高まりました。

ファミリーマート

続いてファミリーマートの新レジはこちら!

f:id:bobobonbonkura:20180223163848j:plain

客層ボタンの廃止

セブンでは残されていた客層ボタンがファミリーマートの新型レジでは廃止されました。

客層ボタンとは、お客さんを性別とおおまかな年齢で分類するお会計の最後に押すボタンです。

12歳以下、19歳以下、29歳以下、49歳以下、50歳以上のボタンが男女別で配置されています。

が、バイトからするとお客さんを見ていちいちボタンを押すのはかなり面倒なのでどれか1つのボタンばかり押されているという場合がよくあります。

僕の場合は49歳以下男性のボタンばかり押していました。理由は一番押しやすい位置にあるからです。

ファミマの場合、Tカードの情報で顧客属性を賄えているようです。

その他操作ボタン数の削減

ファミマでは会計手順の簡素化に力を入れているようです。

公共料金などもバーコードを通すだけで処理できるのでかなり楽になりましたね。

これまでは公共料金のボタンを押して、件数を入力して、確認ボタンを押してもらうという面倒くさい手順が必要でした。

他にはTカードを通すときには通すためのボタンを押す必要がありましたがそれも廃止され、すんなり通せるようになったそうです。

ローソン

ローソンの新レジはこちら!

f:id:bobobonbonkura:20180223023828p:plain

客層ボタンの廃止

ファミリーマートと同様に客層ボタンが廃止されました。

こちらもPontaカードで情報は間に合っている用です。

やはりどこのコンビニでもレジ業務の簡素化を目指していますね。

大手3社ではセブンイレブンだけが残しているようです。

オールタッチパネル化

画像を見てわかる通り物理ボタンが全廃されました。

見た目はかなりスッキリしていますね。レジ本体の省スペース化にもかなり貢献しています。

タッチパネルということなのでレジの速さには若干不安な点もありますが、店員からするとそれ以上にレジ横スペースが空くというのはメリットが大きいです。

釣り銭の自動化

スーパーやドラッグストアでぼちぼち導入されている釣銭の自動化がついにローソンにも導入されました。コンビニ業界では初の試みです。

レジの違算がなくなり、現金を数える手間が大幅に減るのはレジ点検を行っている店員からするとかなりありがたいですね。

ただ、一度機械を通さないといけないという点ではレジのスピードはかなり落ちるのではないでしょうか。

何を急いでいるのかはわかりませんがコンビニのお客さんはなぜかせっかちな人が多いです。

「タバコ11番」500円ストン

「はーい」レジガシャー「40円お返しになります」

で済んでたのが、機械にお金を入れてお釣り出てくるの待ってお釣り確認して渡すっていう手間が増える分かなり遅くなるのではないかと勝手に思ってます。

が、まだローソンで新レジを見たことがないので実際のところはもっと早いのかもしれません。お金を入れた瞬間にお釣りが出てくるのかもしれません。それならば断然自動化に賛成です。

近いうちに見てきましょう。

各社新型レジの共通点

小スペース化

どこのコンビニでもレジサイズの小型化が進められています。

おでんやら肉まんやらの什器にカウンターのスペースを取られてさらにタバコとかの販促物にスペースを取られ、店員からすると作業スペースがかなり狭いんですよね。

そんな中でレジそのもののサイズを小さくするというのは店員からかなり喜ばれるのではないでしょうか。

多言語対応化

コンビニ各社の新レジでは多言語対応が可能になりました。

それもお客さん側だけではなく店員側の画面でも多言語対応になるそうです。

東京オリンピックに備え、外国人客を取り込んだり外国人店員の確保などに乗り出しているようですね。

最近では中国人がコンビニでも大量買いする姿が見られるようになってきました。多言語化はもはや必須ですね。

おわり

コンビニバイト経験者の立場からするとスタッフ側の手間が省ける機能が一番ありがたいですね!レジの作業時間の短縮に繋がるのでお客さんにもメリットがありwin-winです。

僕のコンビニバイトとしての経験談もコチラの記事にまとめてあります。

【経験談】大学生にコンビニバイトをオススメしない5つの理由
どうも、ばんいです!アルバイトの定番といえばやはりコンビニバイトでしょう。僕も大学生になってから一時期コンビニでアルバイトをしていた時期がありました。覚えることが多かったですが、最近ではレジやコンビニのシステムそのものが進化し、昔言われてい
やってませんか?元バイトが語るコンビニ店員が嫌な客の行為あるある
どうも、ばんいです。僕は以前コンビニでバイトをしていたのですが、コンビニ客にはまあ厄介な客が多いこと多いこと。客も店員もお互い気持ち良い取引(?)で終えればWin-Winなのに勿体ないことです。そもそも最低賃金クラスのコンビニ店員に期待なん

2017年の夏から秋にかけて発表されたコンビニの新レジですが順次導入されているようですね。

おそらく2018年の内にほぼ全てのコンビニのレジが新型になるのではないでしょうか。

ローソンの自動釣銭機能が個人的には気になっています。

色々と移り変わりの激しいコンビニ業界ですが、今となってはコンビニドーナツも懐かしいものです。

コンビニドーナツ自体も残ってはいるものの、成長の可能性は薄いですね。。

ちなみに、コンビニドーナツの中には化け物級のカロリーのモンスタードーナツも潜んでいます…!!

コンビニドーナツのカロリーは化け物級だから気をつけろ!
どうも、ばんいです。コンビニドーナツが一時期流行ったと思うのですが、気が付けばどのコンビニも力を入れなくなりましたね。ドーナツ自体は売ってはいるものの、以前のようにドーナツ用の什器が使われるということはなく、今は菓子パンと同じような扱いで普

皆さんもコンビニ各社の新レジを確認してみてください!

ではでは。