▼Audibleで本を聴こう!無料体験で今なら最大3000円分のAmazonポイントが貰える!詳細はコチラ

【圧力鍋なし】4工程でトロトロな豚の角煮ができる簡単絶品レシピ







寒い季節にぴったりのトロトロな『豚の角煮』!圧力鍋を使わず、普通のお鍋でも簡単に作れちゃいます。

お箸でちぎれるほど柔らかくジューシーな豚の角煮は手間がかかってしまうと思われがちですが

  1. 切る
  2. 焼く
  3. 茹でる
  4. 煮込む

のたった4行程で超簡単に美味しくつくることができます!

様々な方の豚の角煮のレシピを研究した結果、一人暮らし大学生の僕でもお箸で掴むとちぎれるくらい柔らかいトロトロな豚の角煮を作ることができました!

圧力鍋は使いません!(実は高くて買えないだけ。。)

片栗粉でトロみをつけるといったテクニックも使わない正統派の作り方です。

多少作るのに時間がかかりますが、その分味は保証します。

ほぼ放置で簡単に作れるトロトロな豚の角煮の作り方を紹介したいと思います!

 使用する材料(1.5~2人前)

調理に必要な材料を表にまとめてみました。

豚バラブロック(ロースでも可)300g
大さじ1
しょうが(あれば)1かけら
長ネギの青い部分(あれば)5~6cm
水(煮込み用)200cc
100cc
醤油大さじ3
砂糖大さじ3
みりん大さじ2
しょうがチューブ3cm

成人男性なら1人前でこの分量がちょうどいいかもしれません。

人数に合わせて適宜調整してください。

この他に、大根やゆで卵を一緒に煮込んでも美味しくできます!

①豚バラブロックを3~4センチ角に切る

長方形の豚バラブロックを難しく考えず切るだけでよいです!

あまり小さいと箸で掴んだ時に崩れてしまうので若干大きめの方がオススメです!

②油を引き豚肉の全面を焼く

f:id:bobobonbonkura:20180117233441j:plain

豚肉を切ったらフライパンに油(大さじ1)を引き、脂身を下にしてお肉を焼いていきます。

6面体のお肉の全面をコーティングするイメージで焼き色をつけましょう。

豚の角煮は豚バラ肉の脂が抜けることでプルプルな食感が生まれます。

豚肉の脂は油と溶け合う性質があるため、たっぷりの油で焼くことでよりトロトロな豚の角煮に近づいていきます!

③たっぷりの水で1~3時間ほど茹でる | 普通の鍋でOK!

f:id:bobobonbonkura:20180117233522j:plain

お肉を焼き終わったら次は、豚の角煮の最重要ポイントともいえる下茹での工程です。

焼き終わったお肉を鍋に移し、お肉が完全に浸るまでたっぷり水を入れ強火で火にかけます。沸騰したら、沸騰しない程度の弱火にして1~3時間ほど茹でます。

以上!

なぜ茹でて放置だけのこの工程が最重要であるかというと、この下茹での工程で豚肉の脂をしっかり落とすことが完成時のトロトロ具合に繋がるからです。

下茹での時間が長ければ長いほど脂が落ちてお肉は柔らかくトロトロになります。

最低でも1時間は茹でてください。時間があるなら3時間は茹でて欲しいです。本当のトロトロを目指すのであれば3時間茹でるのをオススメします。

下茹での後で味付けのためにもう1度お肉を煮込みますが、下茹でせずに味付けの煮込みをした場合お肉硬くなってしまいトロトロには程遠くなってしまうのでご注意を。

この工程は面倒臭がらずにしっかりと茹でてください。

放置と言っていますが必ず火の様子は見ておいてください。

ちなみにこの時、肉の臭み取りのためにしょうが(1かけら)とネギの青い部分(5~6cm)を投入します。

無い場合は、ネギなし、しょうがなしでも十分美味しくなります!(実証済み)

不安な方はチューブのしょうがを数cm入れておけば気持ち安心です。

水かさが減ったらお水を適宜足してください。

④調味料を加え、落し蓋をして煮込む

f:id:bobobonbonkura:20180117233656j:plain

下茹でが終わったら一度お肉を取り出します。

超プルプル状態なので気を付けて扱ってください!

この時点でもお箸だと簡単にちぎれちゃいますので、不安な方はトングやお玉で移し替えてください。

お肉を取り出したら、ゆで汁を捨てて一旦鍋を綺麗にます。面倒ならさっと鍋を水洗いするだけでも大丈夫です。

鍋を綺麗にしたら、鍋にお肉と調味料を加えます。

▼お鍋に加える調味料▼

調味料など分量
200cc
100cc
醤油大さじ3
砂糖大さじ3
みりん大さじ2
しょうがチューブ3cm

※冒頭で示したもののうち、ここで使用する調味料を再度掲載しています

こちらも下茹でと同様に、初めは強火で沸騰したら弱火で火にかけておきます。

この時、必ず落し蓋をしてください。

落し蓋が無い場合はアルミホイルでも紙皿でも代用できます。僕は紙皿を毎回落し蓋代わりに使っています。

焦げ付かないように様子を見ながら1時間半~2時間ほど火にかけます。

圧力鍋無し!普通の鍋で超簡単にトロトロな豚の角煮が完成!

f:id:bobobonbonkura:20180117233749j:plain

煮汁が減ってきたら落し蓋を取り、お肉の全面に味が染みるように崩れないようにお肉をくるくる回転させてください。

煮汁が少なくなり、とろみと照りが出てきたら完成です!

お鍋が焦げ付く前に火から上げましょう。

f:id:bobobonbonkura:20180117233840j:plain

我ながら見事な出来栄えですね!笑

もちろんお箸で切れる柔らかさです!

f:id:bobobonbonkura:20180117234152j:plain

特別なものは何も使わなくとも、手間暇さえかければ絶品でとろとろな豚の角煮を家で作ることが出来ます!

とろとろさばかり強調していますがもちろん味も抜群。残った煮汁にゆで卵漬け込んで作る煮卵も格別です!

普段料理をしないような男子学生にもオススメです。手順と時間さえ守れば誰でも美味しく作れますよ!

是非一度作ってみてください!

ではでは。

追記:豚肩ロースを使った低温調理のレアチャーシューにも挑戦しました!

炊飯器を使った簡単「低温調理チャーシュー」はもちもちの食感!

豚バラブロックでも作れるので興味のある方はコチラも是非作ってみてください!

▷関連記事:お家の炊飯器で出来る!『低温調理のレアチャーシュー』レシピはコチラ

低温調理機いらず!炊飯器で簡単「低温調理レアチャーシュー」レシピ
最近ラーメン屋さんで、中心が薄ピンク色のレアチャーシューをよく見かけます。あれは「低温調理レアチャーシュー」なのですが、ハムのようにもちもちとした食感で、噛めば噛むど旨味が出てきてめちゃくちゃ美味しいんです。ただ、困ったことにスーパーなどで