▼Audibleで本を聴こう!無料体験で今なら最大3000円分のAmazonポイントが貰える!詳細はコチラ

【金沢カレーの元祖】『カレーのチャンピオン本店』を実食レビュー!チャンカレの定番Lカツカレーをご紹介!







前回から始まりました、金沢カレー巡り第2弾は『カレーのチャンピオン』です!

全国的に「金沢カレー」といえば、金沢カレー巡り第1弾で紹介した『ゴーゴーカレー』が有名ですが、地元の石川県民にとっては金沢カレーといえば『カレーのチャンピオン』。

愛称は『チャンカレ』です。金沢カレーといえば「チャンカレ」であり「Lカツカレー」なのです。

今回は、そんな金沢カレーの元祖『カレーのチャンピオン』で大定番「Lカツカレー」を頂いてきました!

手っ取り早くレビューを読みたい方は下の目次からどうぞ!

金沢カレーの元祖『カレーのチャンピオン(チャンカレ)』ってどんなお店?

石川県民に「金沢カレーといえば?」と聞くと真っ先に名前があがるのが『カレーのチャンピオン』です。

ゴーゴーカレーが金沢カレーの火付け役なら、カレーのチャンピオンは金沢カレーの元祖です。

一度食べたら忘れられない独特な旨味の秘密は、自社で独自に開発したオリジナルのルゥにあります。

洋食を熟知した創業者が考案したこの味は、適度にスパイシーで、コクと深みに富んだ独特の旨味を持つのが特徴。この味を守っていくため、手間暇をかけてルゥから自社で独自に仕込んでいます。

(引用カレーのチャンピオン | おいしさの理由)

そんな『カレーのチャンピオン』の本店は金沢市のお隣の野々市市にあります。

他のチャンカレの店舗と比べると、本店の店舗自体の大きさはダントツで大きいです。

お店に入ってすぐのショーケースには、懐かしの食品サンプルが並んでいます。この時点でカレーのいい匂いが香ってきます!

上の段のカツカレーがどれも同じように見えますが、気にしないでおきましょう。

中に入ってからは食券を購入後、好きな座席に座って店員さんを待ちましょう。

なお、カレーのチャンピオン野々市本店は、ボックス席は無く全てカウンター席です。

家族連れ・グループで訪れる方はご注意ください。

カレーのチャンピオンのメニュー

『カレーのチャンピオン野々市本店』は食券制です。食券を購入してから席に向かいます。

金沢カレーではお馴染み、トッピングとご飯の量(ミニ・レギュラー・ジャンボ)を選択する方式です。

▼『カレーのチャンピオン 野々市本店』の食券メニュー

「Lカツカレー」、「チキンカツカレー」、「ヒレカツカレー」、「カツカレー」とカツがメインのカレーが並んでいます。ちなみに、「Lカツカレー」と「カツカレー」の違いは、カツの厚さです。

チャンカレの代名詞でもある「Lカツ」の方が、カツに厚みがあり食べ応えがあります。

他の店舗にあるような「ウインナーカレー」、「エビフライカレー」、「クリームコロッケカレー」は、「チャンピオンカレー」+「トッピング」という形で購入します。

カレーは甘口に変更も可能です。店員さんに食券を渡すときに「甘口で」と言えば、どのカレーでも甘口のルーにしてもらえます。

チャンカレのルーは少し辛めなので、辛さが苦手な方はお忘れなく!

今回訪れた野々市本店には、オリジナルメニューの「ミックスカレー」なるものがありました。

ミックスカレーA(840円)は、カツ・ヒレカツ・ウインナー。

ミックスカレーB(1,000円)は、Lカツ・チキンカツ・ヒレカツ。

近くに工業大学があるということもあってか、どちらもかなりヘビーなトッピングですが単品で頼むよりお得なメニューですね!

チャンカレはサービスタイムがお得!

チャンカレの定番「Lカツカレー(790円)」を頼むならサービスタイムの訪問がお得です。

サービスタイムなら「Lカツカレー」がなんと100円引きの690円に!

▼カレーのチャンピオン野々市本店のサービスタイム

曜日サービスタイム
平日・土曜日11:00~24:00(終日)
日曜・祝日21:00~24:00

※サービスタイムの実施時間は店舗により異なります

平日と土曜日は終日サービスタイム、日曜・祝日の閉店前もサービスタイムです。営業時間のほとんどがサービスタイムですね!笑

サービスタイムには通常の「Lカツカレー(790円)」が通常の「カツカレー(690円)」と同じ料金になるのでとてもお得感があります。

チャンカレは持ち帰り(テイクアウト)もOK!

チャンカレはお持ち帰りも可能です。お弁当サイズの容器に詰めてもらえます。

チャンカレのカレーは、お店で頂く場合はフォークで提供されますが、お持ち帰りの場合はお箸が付いてきます。

金沢カレーは粘度が高いカレーなのでお箸でも十分食べられます!

野々市本店ではお弁当だけでなく、チルドパックやチャンカレのレトルトカレー、金沢のサッカーチーム『ツエーゲン金沢』のグッズも購入できます。

『カレーのチャンピオン』の定番「Lカツカレー」を実食レビュー!

さっそくチャンカレの定番「Lカツカレー」を頂きます。

Lカツカレーはお客さんの7~8割が注文する大人気&定番商品です。

地元民にとって、金沢カレーといえばこの「Lカツカレー」を指すといっても過言ではありません。

何度も食べていますが、やはりLカツの存在感がすごいです…!そしてデカい。

今回もフォークで頂きます。分厚いカツですがフォークなので食べやすさは◎

カツがデカい分他の金沢カレーよりもお腹にずっしりと溜まります。

ルーの味は金沢カレーの中では辛め、それでも一般的なカレーの中辛ぐらいです。

ゴーゴーカレーとは対照的にスパイスのパンチが効いたルーです。ルーの中は小さなお肉も確認できます。

卓上の福神漬けも忘れずに頂きましょう。

やや甘めの福神漬けがピリ辛なカレーにマッチします。

金沢カレーの中での『カレーのチャンピオン』の評価

評価項目評価
カレーの辛さ★★★★☆
ルーの味の濃さ★★★★☆
ロースカツ★★★★★
値段★★★★☆
ボリューム★★★★☆

※評価には個人的なものです。ご参考までに。

僕の中では金沢カレーといえば『チャンカレ』なので、評価は他に比べて高くなってしまいます。

ただ、金沢カレーの老舗として味は完成しているので間違いなく美味しいです。

他の金沢カレーと比べると、ルーにスパイスが効いてカレーっぽさが強め。そしてLカツと名乗るだけあってカツが厚い&デカいです。

しかもサービスタイムでお得。総合的におすすめな金沢カレーチェーンです。

『カレーのチャンピオン』はレトルトもあり!お家でチャンカレの味が楽しめる!

持ち帰りOKのときにも少し触れましたが、チャンカレはレトルトカレーも販売しています!

辛さは中辛・甘口の2種類です。

中辛の方は僕も食べたことありますが、お家で食べてもなかなかお店の味と近くて美味しいです。

ただ、少しレトルト独特の風味も感じましたが、お店と同じレベルの味・辛さ・粘度が再現されています。

近くにお店が無い方、お家でチャンカレを食べたい方、お土産用にはぴったりの完成度です!

地元のスーパーやチャンカレの実店舗では、よりお店の味に近いチルドパックのカレーも売っています。

こちらの方が本物に近いですが、冷蔵保存が必要なのがやや難点です。

観光客でも訪問しやすい『カレーのチャンピオン』の店舗は『近江町店』

石川県にあるカレーのチャンピオンの中で、観光客の方でも訪問しやすい店舗は『近江町店』です。

金沢の観光地でもある『近江町市場』の地下街にあるので、アクセスも良く観光がてら訪問することができます。

『近江町店』は本店とは違いボックス席もあるので家族連れやグループでも気軽に利用できます!

住所石川県金沢市青草町88番地 近江町いちば館 地下1階
電話番号076-255-2353
営業時間11:00~20:00
定休日なし
アクセス近江町市場の地下1階です

近江町市場での観光も兼ねて寄りたい場合は、市場で海鮮を食べることも考えてミニサイズのカレーにしておきましょう!

『カレーのチャンピオン 野々市本店』の営業時間・アクセス

おわり:チャンカレは個人的にイチオシな金沢カレー店!

『カレーのチャンピオン』は個人的に最もお気に入りの金沢カレーチェーンです!

金沢カレーはゴーゴーカレーしか知らない!という方は是非1度食べてみてください。

もちろん「Lカツ」を頼んでくださいね!

『カレーのチャンピオン』と『ゴーゴーカレー』と比べられたり、同じ「金沢カレー」と一括りにされたりすることが多いですが、食べ比べてみると2社のカレーはかなり違っていることがわかるはずです。

皆さんも色々な金沢カレーを食べ比べて、自分のお気に入りのお店を見つけてください!

ではでは。

▼金沢カレー巡り第1弾『ゴーゴーカレー』のレビューはコチラ

【金沢カレーの代表】『ゴーゴーカレー金沢本店』を実食レビュー!金沢カレーブームの火付け役!
今回から始まりました、金沢カレー巡り第1弾は『ゴーゴーカレー』です!金沢カレーを提供するお店は石川県内にも何店舗かありますが、その中でも一番有名金沢カレーのお店が『ゴーゴーカレー』ではないでしょうか。リアルなゴリラが特徴的なカレーチェーン店