▼今なら実質1年間無料!月額159円の学生版Amazonプライムがお得すぎる

【初心者向け】おすすめの定番ボードゲーム9選【プレイ人数別】







どうも、ばんいです!

アナログゲームでワイワイする楽しさ、忘れちゃってませんか?

ボードゲームは戦略性や心理戦が重要なものが多く、子供よりも大学生や大人が真剣に頭を使ってこそ、ボードゲームやカードゲームの面白さを存分に味わえるのです。

そこで今回は、「ボードゲームやカードゲームを始めてみたいけど、どれから買えばいいかわからない!」という方に、ボードゲーム初心者にも自信を持ってオススメできるゲームを9個まとめてみました!

読み合いが肝!3~4人プレイ用おすすめボードゲーム

カタンの開拓者たち

迷ったらコレ。ボードゲームの定番であり重鎮、『カタンの開拓者たち』

  • プレイ人数:3~4人(拡張版使うと5~6人)
  • 目安プレイ時間:60~90分

f:id:bobobonbonkura:20180811005756j:plain

このゲームの概要は、資源を集めて陣地を拡大していき、様々な条件をクリアすると貰えるポイントが10ポイントに到達すると勝利です。

初めに設置した2つの開拓地に隣接する地形から資源を集め、その資源を使って自分の陣地を拡大していきます。

陣地の拡大で敵の進路を妨害してもよし、地形パネルを囲って資源を独占してもよし、と戦略は無限大です。

このゲームの大きなポイントはプレイヤー間の交渉が認められていることです。交渉を上手く使い優位な状況を作り出すことがこのゲームの勝利の鍵です。

基本は3~4人プレイ用のゲームですが、拡張版を使うことで、ステージを拡大して最大6人までプレイすることが出来るようになります。

複雑そうなルールですが、実際にやってみるとやることはシンプル。シンプルが故に戦略性が高く非常に中毒性が高いゲームです。

初めてのボードゲーム選びに迷ったら、まずコレを買えば間違い無しです。

原則3~4人プレイのゲームですが、拡張版を購入すると5~6人でのプレイもできます!

※拡張版だけでのプレイ出来ません!

ブロックス

超シンプルなルール、なのに奥深い『ブロックス』

  • プレイ人数:3~4人
  • 目安プレイ時間:20~30分

f:id:bobobonbonkura:20180811011746j:plain

(引用:amazon.jp)

遊び方は超簡単、それぞれ四つ角に1つピースを置き、自分のピースの角と角が接するようにして新たなピースを置き陣地を拡大していきます。面同士が接する置き方は出来ません。

角と角が接するというルールに従い順番にピースを置いていき、全プレイヤーがピースを置けなくなったらゲームは終了。

終了時に手元のピースが一番少ないプレイヤーが勝ちです。

ピースの大きさは1ピース~5ピースまであり、そのすべてが異なる形をしています。なので、どのピースを先に使うか、相手はどのピースを残してあるか、相手は次どこに置きたいのか、などの駆け引き魅力的。

シンプルで覚えやすいルールなので、小さいお子様やボードゲーム初心者にオススメです!

カルカソンヌ

カタンに並び世界的に有名なボードゲーム、『カルカソンヌ』

  • プレイ人数:2人~5人
  • 目安プレイ時間:30~90分

f:id:bobobonbonkura:20180811013930j:plain

まず最初に1枚のタイルからスタートし、自分の番が来たら山から地形タイルをめくりマップを広げていきます。

タイルには道、草原、都市、修道院などが描かれており、マップの地形に矛盾が生まれないようにタイルを置いていきます。

タイルを置くときにミープルというコマを建設途中の道や都市などに置くことが出来ます。ミープルを置いた道や都市が完成したとき、道の長さや都市の大きさに応じてポイントを獲得できます。

タイルを全て置き終わったときに、最もポイントを獲得したプレイヤーが勝利です。

基本は引いたタイルを並べてコマを置くかどうかを決めるだけのシンプルなルールなのでコチラも初心者にオススメです。

5人でもプレイは出来ますが、個人的には3~4人でのプレイが最適だと思います。

大人数でワイワイ!5人以上プレイ用おすすめボードゲーム

モノポリー

人生ゲームに並ぶ定番ボードゲーム、『モノポリー』

  • プレイ人数:2~8人(オススメは5人)
  • 目安プレイ時間:90~120分

f:id:bobobonbonkura:20180811141432j:plain

人生ゲームに近い所があり、初めての人でも取っつきやすいのがモノポリーです。

『モノポリー』は日本語に訳すと『独占』という意味。

すごろくのように盤上を移動しながら、不動産を取引しお金を稼ぐゲームです。同じ色グループの不動産を独占すると、家やホテルを建設できより高額な料金を他のプレイヤーに請求することができます。

相手プレイヤーを全て破産に追い込めば勝利です。

コチラもカタンと同様にプレイヤー間の交渉が認められており、不動産同士の交換や不動産とお金との交換、お助けカードのやりとりなど自由な交渉が出来るのが魅力の1つです。

5人プレイ以上向けに分類しましたが、4~5人ぐらいでのプレイが物件の数なども考慮してベストだと思います!

ゴキブリポーカー

戦略性×心理戦=『ゴキブリポーカー』

  • プレイ人数:2~6人
  • プレイ時間:20分

トランプのダウトよりも、さらに高度な心理戦が要求されるのがゴキブリポーカーです。

ざっくりと説明すると、8種類の嫌われ者(ゴキブリ、ネズミ、コウモリ、ハエ、カメムシ、カエル、サソリ、クモ)が描かれたカードを相手プレイヤーに押し付けあうゲームです。

f:id:bobobonbonkura:20180811144057j:plain

(引用:http://coronavi.jp/game/12/ごきぶりポーカー)

ダウトの要領でカードを押し付け合い、同じ種類の嫌われ者カードが8枚中4枚揃ったプレイヤーの負けです。

場に出ているカードや自分の手札のカードから残りのカードを推測したり、相手の前に並んでいるカード見て攻撃したりと戦略的な戦いが必要です。

それに加えて、カードを差し出すときの表情などから相手を読み取る心理的な駆け引きも非常に重要です。

わかりやすく覚えやすいルールで、カードゲームの定番として有名です。

ニムト

サクッと遊べてサクッと盛り上がれる、『ニムト』

  • プレイ人数:2~10人
  • 目安プレイ時間:30分

大人数で集まった時にオススメなのが『ニムト』です。

数字と牛の頭の絵が描かれたカードが場に4枚と各プレイヤーに10枚配られ、場のカードの横に少しだけ大きい数字のカードを並べていくゲーム。6枚目に並ぶカードを出してしまったら、並んでいるカード5枚を全て引き受けます。

ルールがシンプルなので、1ゲームあたりの時間が短く、最大10人までの大人数でも手軽に遊べるのが魅力。

ガチ勝負!2人プレイ用おすすめボードゲーム

ガイスター

あのオバケの正体は…!!『ガイスター』

  • プレイ人数:2人
  • 目安プレイ時間:15分程度

「ガイスター」はドイツ語で「幽霊」という意味です。その名の通り、オバケのコマを使って遊ぶゲームです。

相手からは正体がわからない「良いオバケ」と「悪いオバケ」の2種類の駒を駆使して、3つの勝利条件のうち1つをクリア出来たプレイヤーの勝利です。

  1. 相手の「良いオバケ」を全部取る
  2. 自分の「悪いオバケ」を全部取られる
  3. 自分の「良いオバケ」を1つ相手側脱出口から外に出す

この中のどれか1つでも達成すればクリアです。

狭いステージの中でどうコマを動かすかや、相手の動かしたコマの正体は何かなどの推理が重要なゲームで、心理戦の要素を楽しみたい方にピッタリのゲームです。

バイソン将棋

バイソンとインディアンの攻防!『バイソン将棋』

  • プレイ人数:2人
  • 目安プレイ時間:30分

今回紹介している中ではかなりマイナーなゲームですが、個人的にイチオシなゲームです。

バイソン側陣営とインディアン陣営に分かれて戦い、どちらか一方が勝利条件を満たせばゲーム終了です。

f:id:bobobonbonkura:20180812020017j:plain

勝利条件は以下の通り。

  • バイソン側:1匹でもバイソンが対岸の川を渡りきる
  • インディアン側:全てのバイソンを身動きできない状態にする

バイソン側は前方1マスずつしか動けないのに対し、インディアン側は周囲8方向に1マスずつ動くことがきる酋長コマ1つと、8方向の直線状なら自由に動ける犬コマ4匹を駆使してバイソンを食い止めます。

酋長コマは移動先のバイソンを捕獲してステージから除くことができ、犬コマはバイソンを足止めすることができるという能力を持っています。

戦略的にバイソンの動きを管理しなければならず、こっちを止めればあっちのバイソンが、あっちを止めればこっちのバイソンがという状態になるので、酋長コマの動かし方が勝利の鍵を握っています!

バトルライン

戦術カードがカギを握る次世代ポーカー、『バトルライン』

  • プレイ人数:2人
  • 目安プレイ時間:20分程度

ポーカーのような役作りと戦術カードが特徴的な『バトルライン』。

10枚×6色のカードを最大3枚まで組み合わせて役をつくりポーカーの要領で相手の役と戦います。

このゲームでは10本のフラッグをステージ上に並べられており、相手より強い役を出せればフラッグを獲得できます。

このフラッグを5本獲得するか、3本連続で獲得したプレイヤーの勝利です。

一見単純なゲームですが、このゲームには戦略カードというものが存在し、この戦略カードが使い方によってはべらぼうに強いのです。

ポーカーの役と戦略カードを上手に組み合わせることができるかがこのゲームのポイントです。『

バトルライン』は心理戦よりも戦略性を楽しみたい方にオススメです。

おすすめボードゲームまとめ

以上、友人と盛り上がること間違いなしの定番ボードゲームを紹介してみました。

今回紹介したボードゲームをもう一度おさらいします!

▼3~4人用おすすめボードゲーム▼

  1. カタンの開拓者たち
  2. ブロックス
  3. カルカソンヌ

▼5人以上用おすすめボードゲーム▼

  1. モノポリー
  2. ゴキブリポーカー
  3. ニムト

▼2人用おすすめボードゲーム▼

  1. ガイスター
  2. バイソン将棋
  3. バトルライン

世界的にも有名なゲームばかりなので面白さは折り紙付き

どれを選んでも安心して楽しめますよ!

ボードゲーム選びの参考にしていただければ幸いです。

ではでは。